ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 第11話解説 林のさつがいは河村への脅し ストーリー犯人最新予想

真犯人フラグ、二宮・菱田・バタコはかがやきの世界

※この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

真相編の1回目である「真犯人フラグ」第11話が終わりました。

まだあまり謎や伏線は回収されていませんが、林がなくなったことで事件が動き始めたな、という印象です。

また、光莉が生きていると思われることがわかったので、

篤斗の次は、光莉が帰ってくる展開になるのかなと思います。

 

なお、これは僕もちょっと思ったのですが、

光莉ちゃん、監禁中にちょっと丸くなったような・・

前髪もやや短くなっている気がしますね。

美味しいものを与えてくれて、散髪もしてくれるやさしい犯人なのかもしれません(笑)

いや、若いときは体重の増減、よくあることです!!(フォロー)

 

 

真帆が帰ってくるのが・・このドラマのクライマックスかと思いますので、

真帆は最後の最後まで登場しないのではないでしょうか。

 

第11話をみて思ったことを話していきたいと思います。

考察として当たっているかよりも「そんな考え方もあるのか」と思えるような話ができたら、と思っています。

林がころされた理由と犯人

今までのところ、明確に人をころしている(と思われる)描写があったのはバタコだけで、今後も「人をころす」という行動を取る人間はそんなに多くないのでは?と予想しています。

家族の拉致誘拐をやっている、その真犯人は別にいるとして

その人が「ころし」をやっているとは限らない。

篤斗も光莉も生きているようですので、真帆も生きていると考えると

「ころし」については、真帆失踪をきっかけに、たまたまこの事件の「周囲」で起こってしまったこと、なのかもしれません。

 

バタコ以外でさつじんまでやりそうな人間としては、強羅ですね。

こちらの、林におにぎりを差し入れたのは、強羅ではないでしょうか。

強羅は、等々力幸造(茉莉奈の父)と、林の二重スパイ状態だったのかなと思います。

林は強羅を使って、「15年前の真帆とのホテル写真」の出元を探っていました。

強羅と会った林は、あの写真を撮った人物を強羅から聞いた。

その写真を林に送ってきた人物が、真帆の財布を林に取りに行かせた人物であり、真帆の失踪と関わっていると思われる。

それを林は公にしようと考えていたのではないでしょうか。

もしかしたら河村へ言ってやろうと思っていたのかもしれません。

それで「週刊誌」を手に持った写真を撮影した。

「ざまぁみろ、俺の勝ちじゃ」は、そうやって林を脅していた人間に対する言葉だったのではと思います。

(この、15年前の写真を撮って、林を脅していたのは、雫石千春ではないか?と思っています)

 

でも実は、すでに強羅は、等々力から、林を始末するよう指示を受けていたのではないでしょうか。

林はSDGsタウンに関わる不正に関することをしゃべるつもりはなかったのですが、等々力は信用しておらず、林を消そうと考えた。

強羅は、自分が林の仲間であると、林に信じ込ませた上で油断したところをころしたのかなと思います。

 

林から河村へ「記事にするなら何でも話す」とメールが送られてきた件ですが

実はあのメールは強羅が河村へ送ったものと思います。

 

河村は自分のメールアドレスに直接メールを送ってきたから林だ、と言っていましたが

以前から知り合いの強羅であれば、強羅は河村のアドレスは知っていたのではないでしょうか。

 

強羅が等々力から指示を受けていたのは

・林を始末すること

ともう一つ

・河村を脅し、週刊誌に不正関連の記事を載せないようにすること

だったと思われます。

 

それを両方、すぐに実現する方法として強羅は

林を無残にころし、それを河村へ見せること

を行ったのではないでしょうか。

 

林をころすだけであれば、あんなころし方をする必要はありませんし、

また、「発見されないような方法」で「消えた」ことにするんじゃないでしょうか。

これは他のだれがころす場合でも同じです。

あんな風に、すぐに発見される方法でころしたあとに放置する意味がありません。

また、ガソリンスタンドの洗車機から発見される、なんて、ただ刺されて倒れているだけとは違い、かなり目立ちます。

おそらく「見せる」ことが目的です。

 

いや、強羅は三重スパイだったのかもしれません。

強羅は河村からも依頼をされていました。

河村が依頼したのは「林への呼びかけ」だったのではと予想しています。

「今のうちに知っていることをしゃべってしまった方が身のためだ。しゃべるなら記事にするから連絡してこい」と林へ伝えるように、河村は強羅へ依頼したのではないでしょうか。

河村としてはSDGsタウン絡みの不正のことを話せ

という意味だったのではないかと思いますが・・

 

河村は直接、等々力へ不正の件でせまっていましたし、

今回は林へ接触して不正のことを吐かせようと河村がしているので・・

河村は、等々力から「林の無残なしたい」を見せられるという脅しを受けたのではないかと思います。

菱田とバタコが病院で鉢合わせ

あのシーン、バタコがかなり慎重に篤斗の部屋へ侵入しようとしたのに対し

バタコが行ってみたらすでに菱田がなんなく侵入できているという・・

菱田は「窓から侵入できる」という峰不二子的なキャラでないとするならば、

バタコと同様に、侵入する機会をうかがっていた、ということになるんでしょう。

バタコが非常ベルを鳴らしたことで警備していた警察官が去ったのをみはからって侵入した。ということなんでしょうか。

 

菱田は篤斗の誘拐に関わっていると思われるのですが

篤斗を監禁もしくは預かっていたのはバタコだと思われます。

そうすると、菱田とバタコは何らかの協力関係にあったと考えられます。

もし協力関係にあるとしたら・・菱田も「かがやきの世界」の信者なのかもしれません。

いや、そう考えたら、警備にあたっていた警察官もじつは、かがやき信者で、菱田を普通に通していた、という可能性もあるのかも。

かがやき信者は、かがやき信者とわかる合言葉があるのではと言われています。

「7x8=56」

これを言われたら言い返す言葉があって、それで信者同士が確認しあえるようになっているのではないかと思われます。

バタコのことは教祖も手を焼いている風だったので、バタコは警察官とはつながっていないのかもしれません。

 

次週のストーリーでは「篤斗が火災報知機の音に刺激されて暴れ、病室がめちゃくちゃになっていた」とされていたので、バタコと菱田が争ったものと思われます。

 

バタコは菱田がそこにいるとは思っていなかったようでした。

菱田は本気で篤斗を傷つけようとしている感じではありませんでしたが、バタコも篤斗を傷つけたいとは思っておらず、刃物を構えている菱田に対しバタコは怒り、争いになった、でもそのあと人が来てしまったので二人とも逃走した

というようなことでしょうか。

 

バタコも菱田も、宗教施設で生活しているわけではないので「在家信者」なんでしょうか(^_^;)

まあ、出家して、施設で生活している人がいるのかどうかもわかりませんが・・

 

そういえば今回、山田コーチは一度も登場しませんでした。

山田がおそらく、篤斗を一度脅しにきていると思うのですが、それが不発だと感じた菱田が今回自分で直接来たのではないかと思われます。

山田は・・相当な小心者のようなので、真犯人だったりきょうあく犯罪をやっていることはないと思います。

二宮とかがやき教団に関係あり?

二宮の母のSNSアイコンが「花」のものであり、篤斗の服を出品している者のアイコンも花。

「かがやきの土」からは花が咲くと言われているので、かがやき信者はアイコンがみんな花なのではないか、という考察があります。

もしかしたら二宮の母もかがやき信者なのかもしれない、という想像ができるのですが

二宮が再三、家族について熱く語っているのは、自らの家族が宗教によって崩壊してしまったからではないか、という予想ができます。

 

これはメタ考察ですがこちらのモデルプレスの記事で

mdpr.jp

二宮役の芳根京子さんが

「ここと瑞穂が繋がってるんだ」「ここに瑞穂がいたんだ」と新たな事実が判明します

と言っていました。

これが、「かがやき教団」のことではないか?と想像します。

 

二宮は、かがやき教団の施設へ行ったことがあった。

これだけ登場人物にかがやき教団の関係者が多いとなると・・真帆も信者なのかもしれず、実は二宮はそれを前から知っていた、という可能性もありそうです。

 

二宮が襲われ「7x8=56」と言われたシーンがありましたが

これは二宮も信者なのか?と確認されたシーンだったのかもしれません。

 

二宮をみてみるととくに宗教ぽい行動はとっていないのですが

もしかしたらカセットテープの中身が「きらら、きーらら」ではないかとも言われており

そうだとしたら、二宮が「シベツ」の「むかわちゃん」で病院を訪れていたのも

菱田やバタコのように、教団絡みで篤斗に用があったという可能性もありえますね・・

 

あの病院に教団関係者が集まる事態が起こっていたのかもしれません。

雫石ともめるキャラ?たまるよしこ

椿鬼奴さんが「たまるよしこ」というコメンテーターで出演されました。

雫石「警察も、何の根拠もなくつかまえることはないと・・」

たまる「まだ任意同行かと思いますけど」

雫石「あ・・失礼しました」

雫石と、少しもめてましたね(笑)

相関図にはいないので主要な登場人物ではないものの、今コメンテーターとして出演してくるということは、このあと雫石とこういうやり取りが何度かあるのではないか?と思います。

また、メタ考察的にいうと、いずれ雫石がテレビ出演できない状況になり、

そうなった時に逆に雫石を追い詰めるようなコメントをテレビでするのが、このたまるさんなのではないか?と想像します。

15年前の同窓会の写真を撮影していた、真帆のストーカーが雫石

なんじゃないでしょうか。

その写真を使って、林を脅していた

もしかしたら真帆の失踪に関わっていて、林も悪人に仕立てあげようとしていたのが雫石・・という可能性もなくはない!?と思っています。

 

雫石が出演しているのは「テレビドラマ内のテレビ」であり、その出演者が「主要登場人物」として相関図に顔や名前が載ることは通常は無いと思います。

主人公たちと関係があるからこそ、相関図に写真もある。

たまるよしこの写真がないのは本来の「テレビドラマ内のテレビ」出演者という位置づけだからかなと思いました。

 

かなり初期の頃から雫石に注目しているので・・

雫石がこのあと何をしてくれるか、期待しています(笑)

www.youtube.com

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼