ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

愛しい嘘 優しい闇 考察 望緒・りえを押したミリタリーコート男とは?中野幸の火事真相、秘密とは?ストーリー犯人最新予想

愛しい嘘、望緒を押した男は誰?

※この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

「愛しい嘘」の第3話直前考察を行っていきます。

こちらでは、原作を読んだ上での考察を行っていますので

原作のネタバレを絶対に知りたくない、という方は、これ以上先は観ないようにお願いします。

 

ただ、原作では真犯人はまだ判明しておらず、ドラマはオリジナルの展開になると言われていますので、

原作を知っていてもドラマを楽しむ上では問題ないのでは?と思っています。

 

また、物語からの考察だけでなくメタ考察も含みますのでその点はご了承ください。

原作をそのままネタバレするというわけではなく、原作を元にドラマのストーリーを考察しています。

望緒の同級生たちが隠している中野幸の事件とは?

中野幸の両親がなくなったと言われる火事に関わることと思われます。

それを、玲子、稜、奈々江、優美が隠しているようです。

雨宮はこれに関してはとくに発言したりしていないので、雨宮が知っているかはわかりません。

また、「雨宮も知っている」と他の同級生たちが思っているかどうかも不明です。

とにかくこの件には触れたくない、という感じです。

望緒だけ知らないのは・・本当に話に加わっていなかったからではないかと考えています。

例えば望緒が中野幸をシに追いやってしまいそのショックで記憶を失っている、なんて可能性もなくはないですが

 

望緒がもし中野をシにおいやっているようなことがあり、それを同級生たちが隠しているとしたら、さすがにずっとは黙っていられないと思います。

とくに奈々江は望緒とトラブルになっていますし、もし望緒にそんな秘密があるなら、奈々江がぶちまけているんじゃないでしょうか。

全員で望緒を守る理由がよくわかりません。

また、このドラマは全8話といわれており、記憶喪失を描くのは難しいのではないかと思っています。(間違ってたらすみません)

わかりやすく物語は進行していくはずです。

 

そのため、望緒の記憶喪失はないと思います。

 

望緒は「話」に加わっていなかったのではないでしょうか。

それを中野幸もわかっていて、もしかしたら望緒には好意を持っているのかもしれません。

 

では、火事を起こしたのがこのグループだった・・というのはどうでしょうか。

たとえば花火をしていて、その火が燃え移り中野家が燃えた、といったことですが・・

これもないと思います。

さすがに、そこまでの犯罪を起こしていて、

それを全員が黙っている、この歳まで普通に生活できている、

ということは考えにくいです。

子供の頃の出来事で、みんなで黙っておけるほどの結束力はないと思います。

玲子にいたっては弁護士になっています。

さすがに、花火の不始末で人をしなせた、はないでしょう。

 

ということは、中野家に火をつけたのは中野幸本人と思われます。

家が燃える様をみているような描写がありました。

おそらく親に恨みがあったのでしょう。

 

原作では中野は、親からの虐待を受けていたようです。

修学旅行にも行けなかった。

だから中野が親をころす動機はあります。

ではなぜこの日に実行したのか・・というところですが、

そこに、仲良しグループが関わっているのではないでしょうか。

 

例えば、「みんなで夏祭りに行く」という話になり、

そこに中野も加わろうとした。

望緒のことが好きだった中野も一緒に行きたいと思っていた(もしくは望緒が誘った?)が、

グループの方は中野には来てほしくなかった。

来てほしくない理由は不明ですが、例えば「中野は普段からお金をほとんど持っていない」とか。

だから一緒に行っても、一緒に楽しめないから来てほしくない。

それで中野に対し、「夏祭りには行かない」というような嘘をついたのではないかと。

 

でも実際には中野をのぞいて、みんなで行って、楽しく過ごしていた。

それを中野は知ってしまった。

望緒は「夏祭りには行かない」の嘘には加わっていなかった。

中野は激しく腹を立てますが、

その時に刃を向けたのはこの同級生グループの方ではなく、

自分を学校で仲間に入れてもらえないような環境に追いやっている「親」の方だったのではないでしょうか。

 

中野は両親が寝ている家に放火して、両親をシにおいやった。

 

「みんな忘れないよ」は、あの日嘘をついたみんなに対し、中野が言いたいことなのではないかと。

 

優美が「中野君が復讐しようとしてるんじゃ」と言っていましたが

自分に嘘をつき、凶行を起こすまでに追い込んだみんなに対して復讐しようとしている

という意味なのかなと思います。

 

実は、玲子・奈々江・優美・稜は、中野が家に火を放ったのではないかとわかったのではないでしょうか。

もしくは、「そうかもしれない」と思った。

思ったが、それは誰にも言わなかった。

自分たちがついた嘘が招いたこと。

それがこの4人の隠していることだと思います。

 

実は雨宮はこのとき、家を燃やした中野を目撃しており、写真に撮っていたのだと思います。

その写真が「雨宮」のガラケーに残っていた。

その写真が世に出ると困るため、中野ではないかと思われる「雨宮」と名乗る男は、「雨宮」のガラケーを回収しようと思ったのだと思います。

優美は真犯人の指示で奈々江を突き落とした

橋から転落してなくなった奈々江ですが、原作で落としたのは優美です。

おそらくドラマでも同じでしょう。

優美は「不倫相手」から奈々江ころしを依頼されていた可能性があります。

そうでなければ、さすがに久しぶりにあった同級生を、いくらひどいことを言われたとしても突き落としてころすことはないはずです。

「不倫相手」から奈々江ころしを依頼されていた。

優美は夫やその家族との関係に悩んでおり、不倫相手に依存する状態だった。

別れたくない、嫌われたくないの一心で、不倫相手の望むことをしようと考えた。

でも、明確に言われたわけではなく、「そうしてくれないかな」程度のこと。

「できない・・」と思っていた優美ですが、おそらく橋の現場で奈々江からひどいことを言われ、「ころして」と不倫相手から言われていたこともあり、勢いで突き落としてしまったのではないかと。

そもそもこのような場所まで奈々江を連れてきたのも優美がもともところすつもりだったから、だと思います。

 

奈々江をころす動機はなんなのか?

それは雨宮のガラケーの中身をみたと思われること、ではないでしょうか。

中野幸が燃える家の前にたたずむ写真。

それをみられたがゆえに、ころそうと思ったのではないかと思います。

それは、「雨宮」と名乗っている中野幸です。

なお、優美もこのあと、原作ではシんでしまいます。

夫である正を優美はころそうとして毒を盛るのですが、それがなぜか自分の飲み物に入っていてしぬという・・

要は、誰かが優美のこともころすわけです。

これは夫である正の犯行ではありません。

正は方法は間違っていますが、実は優美のことを本当に愛していると思われます。

優美ころしは、最終的に奈々江ころしがバレては困る、中野幸のしわざでしょう。

「雨宮」と名乗っている男の正体は中野幸だと思います。

望緒を道路に突き飛ばしたミリタリーコートの男とは?

これについては、動機から考察しました。

望緒をころす動機をもっている人間はいるでしょうか?

中野幸はおそらく望緒に好意をもっていると思われ、考えにくい。

望緒をころそうという動機がありえるのは、野瀬正だと思います。

野瀬は、優美が奈々江を突き飛ばしたということを隠蔽しようとしています。

野瀬はかなりヤバいやつとして描かれていますが、それでも優美を愛する気持ちが強いと思われ、奈々江事件で優美が犯人として浮かび上がることを避けたいと思っているはずです。

 

ところが、奈々江の家に望緒、玲子、優美が行った際に、望緒が「奈々江は橋から落ちた時、誰かと一緒にいたはず」と言い出しました。

これを正は知ったのではないでしょうか。

真相に近づきそうな望緒を消そうとした、ということかと思います。

これだと玲子もその場で「一緒にいた人が突き落とした」と発言しており、玲子も狙われそうなんですが、玲子の方は用心深く、そのようなチャンスがなかったということかなと思いました。

 

望緒が押されたことは中野幸の過去の事件とは関係ないと思います。

りえを道路に突き飛ばしたのは?

こちらも野瀬正である可能性もありそうです。

一度目で失敗したので、もう一度望緒を狙ったか。

同じ傘だから望緒だ、と思ったら、たまたまその傘を持ち帰っていたりえだった、ということ。

ただ、りえをころす動機がある人は他にもいそうです。

 

望緒のことを大事に思う人。

りえが望緒のアイデアを盗んで漫画を世に出した、ということを知っていて

望緒のためにりえに怪我をさせて漫画を描けないようにしようと考える・・

 

これだと、中野幸の可能性もあります。

ミリタリーコートの男が望緒を突き飛ばした、という話を事前に聞いていたため

望緒の傘をもっているりえなら、突き飛ばしても疑われない、という計算があったのかもしれません。

 

中野幸は望緒のことが昔から好きだった。

雨宮のことを見ていた望緒のことを、中野幸はナナメうしろから見ていたのだと思います。

 

りえがケガをした事件も、中野幸の過去の事件とは関係ないと思われます。

玲子は中野幸の協力者

「みんな忘れないよ 中野幸」の手紙を入れたのは玲子だと思います。

タイムカプセルが掘り返されて、みんなが自分のモノに夢中になっている間に、その場で入れたと思われます。

この場所には中野幸(雨宮と名乗っている男)はいませんでした。

玲子が入れた可能性が高いです。

このあとしんでしまう奈々江や優美の可能性は低く、また、最終的にこの手紙を持ち帰った稜もありえないと思います。

 

玲子はどうしてもタイムカプセルを掘り返したいと言っていました。

おそらくこの手紙をみんなに見せるためかと思います。

原作だと玲子は「自分が昔書いた先生へのラブレター」を人に見られたくないから掘り返そうとしていた、とのちに判明するのですが

おそらくドラマでは、玲子は中野幸の協力者ではないかと思います。

 

もしくは協力者とまではいかないものの、玲子は昔ついた嘘で中野幸を不幸においやったことを悔いていて、それをみんなに思い出させようとした、とかではないでしょうか。

 

中野幸の目的はまだよくわかりません。

奈々江や優美をころすことになったのはもとからの計画だったのか?

もしそうだとしたら、稜も玲子もころす対象になると思われるので・・

優美がしんだあとは、稜、玲子が狙われるのかも。

 

玲子は今目の前にいる「雨宮」のことを疑うようなところもありました。

もしかして、玲子は今目の前にいる雨宮と中野幸は別人と思っているのかもしれません。

 

中野幸はすでに、雨宮になりすましているが

それを玲子は知らない

というようなことでしょうか。

 

 

今いる「雨宮」が本当は「中野幸」である

というのはいろんな人が考察していますが、それはほぼ間違いないのかなと思います。

そうでないと、登場していない「中野幸」が裏でたくさんの犯罪をやり放題になってしまい、考察どころではなくなるためです(笑)

 

本物の「雨宮」がどこにいったのか?

 

稜のワイナリーを訪ねていた同級生が言っていた「女癖が悪い」という雨宮はどちらの雨宮のことなのか・・

あの同級生は「あれって雨宮か?」と確信がない感じで言っていましたので、顔はよくわからないのかなと思います。

 

さらに、優美の不倫相手が中野幸だとして、

優美は中野幸だと知っていて不倫していたのか、それとも雨宮と思っていたのか?

 

この辺りに注目して、このあとをみていきたいと思います!

4話くらいまでは原作にもある内容のような気がしますが、5話目からは本格的にドラマオリジナルの内容になりそうですね。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼