読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

今後の最新の記事は、ほとんど、顔だけ黄色い人というブログで公開しています。このブログもたまに更新します(笑)

満島ひかりがラジオで語った #カルテット 撮影秘話、すずめの誕生日にInstagramに投稿した写真

女優・満島ひかりさんが、ラジオのレギュラー番組を始めるということで聴いてみました。

 

・・といっても、リアルタイムではなく

radicoでの聴取です。ごめんなさい(笑)

 

radikoはテレビでいうと、ティーバーみたいなもので

過去1週間以内にラジオで放送された番組をインターネット経由で聴けるというもの。

 

radiko.jp

radiko.jp

  • radiko Co.,Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

これなら、ラジオの前に張り付いてなくても聴けるからいいですよね。

昔は・・どうしても聴きたいラジオは、その時間にラジオの前に座って聴いてましたね(笑)

 

今はそもそも、ラジオが家にない、という人も多いと思うので

こういうサービスを使うのは良いと思います。

 

※満島ひかりさん、昔はアイドル的なグループにいたので、水着写真集なんかも出されているんですね※

 

満島ひかりさんの声の魅力

満島ひかりが語る「カルテット」撮影秘話|ニフティニュース

 

満島ひかりさんですが

 

この番組冒頭での自己紹介は

 

俳優をやっております。女です。31歳です。

というシンプルなものでした(笑)

 

ラジオとの関係は

出身地である沖縄には電車がなくて車移動がメインだったので

よくラジオは聴いていたとのこと。

 

 

2017年6月までの全13回の放送だそうです。

 

 

そういえば、満島ひかりさんの魅力という話で

「声に特徴がある」

というのを聞いたことがあります。

 

これ、すごく納得したんですが

 

「普通に話していても、声がふるえているようで、泣いているように聞こえる」

 

というのがありました。

 

 

言われてから声を聞くと、たしかになぁ〜と思うところが多いですね。

 

かなり特徴がある声だと思います。

 

 

もともとFolderというグループに所属していたので

歌もうたえるんですが

 

カルテットの主題歌である「おとなの掟」

 

おとなの掟

おとなの掟

  • Doughnuts Hole
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ドラマ #カルテット 主題歌「おとなの掟」公式フル配信リリースYouTube動画PVMVミュージックビデオエンディング曲★2017年最高のダウンロード数を記録中★ - ひなぴし

 

この曲で松たか子さんとともに披露している歌声も

話す声と同様に、「ふるえているように」聴こえます。

 

これって、やりたくてもやれるものではないと思うんですよね。

 

「わざとふるえさせている」わけではなく

ただ、「そんな感じに聞こえる」声なので。

 

 

だから、満島ひかりさんの声が好き

という人も多いと思います。

 

そんな満島ひかりさんの声を集中して聴けるというのは

ラジオ番組ならではだと思います。

 

 

これはぼくの勝手な印象ですが

満島ひかりさんが普通に話している時は、やっぱりちょっと沖縄訛りがあるような気がします。

 

例えばドラマ「カルテット」に出演している時のように

セリフをしゃべっている時はそんなことは全く感じさせないんですが・・

 

自分の言葉でしゃべると、ちょっとそういうのが出てしまうんですかね・・?

 

このラジオで話している言葉のイントネーションには

なんとなくではありますが、沖縄なまりを感じてしまう気がします(笑)

 

あ、でも、明確に「なまっている」という感じではありません(笑)

あくまでそんな感じがする、というもので。

 

こちらの記事で紹介した↓

#カルテット 俳優女優が出演する最新テレビCMまとめ - ひなぴし

 

満島ひかりさんが出演する化粧品のテレビCM

これは明らかに、わざと沖縄なまりで話す内容なんですが(笑)

これを聞いてからラジオを聞くと、、

 

なんとなくこちらもそれっぽい気がしてきますよ(笑)

 

カルテット撮影秘話

never young beachというグループを紹介するところで

カルテットの撮影秘話を満島さんが話してくれました。

 

never young beach | Official Web Site

f:id:AR30:20170407064558p:plain

 

このネバーヤングビーチ、通称ネバヤンですが

実はこのグループのボーカル、上の写真の真ん中にいる赤い帽子をかぶっている人が・・

 

カルテットで共演した高橋一生さんの弟さんなんですよ!!

 

これ、先日放送されていた笑福亭鶴瓶さんがMCの番組「A-STUDIO」で

高橋一生さん本人も告白されていました。

 

弟さんは、安部勇磨という名前で活動されているそうです。

 

f:id:AR30:20170407064952p:plain

 

正直、似てないなぁ〜〜(笑)と思ってしまうんですけど

 

実は、お母さんは同じだけどお父さんが違う、という複雑な環境らしく

それでおそらく顔もちょっと違うし、苗字も違うのかな?と思われます。

 

ただ、、

高橋一生さんの子役時代の写真をみると・・

高橋一生 子役 - Google 検索

高橋一生 子役時代の写真

違う人の写真も混ざってますが(^o^;

 

なんとなく、安部勇磨さんに似てます(笑)やっぱり兄弟ですね。

というか、高橋一生さんも太ると安部勇磨さんに近づいていきそうです。

逆に安部勇磨さんは痩せていくとおそらく高橋一生さんになるんではないでしょうか(笑)

 

 

番組ではネバヤンの「明るい未来」が紹介されていました。

 

ネバーヤングビーチ 明るい未来

明るい未来

  • never young beach
  • J-Pop
  • ¥250
  • ネバーヤングビーチ 明るい未来
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

このネバーヤングビーチを満島ひかりさんが紹介するところで

カルテット撮影時の出演者同士のやり取りを紹介してくれました。

 

 

満島ひかり

ネバヤンの ボーカルの安部勇磨さんは、あの私が先日まで

えっと テレビドラマの「カルテット」というものに出演していたんですけども

その中で一緒に共演していた高橋一生さんの弟なんですよね。

 

第1話の撮影をしているときに

 

「実はさ、ぼくの弟歌手をやってるんだよね」て一生くんが言ってきて

え?なになに?聞きたい!

 

て言って、「ネバヤンていうんだけどさ」て言ったら

一緒に共演していた松田龍平くんが「え?ネバヤン俺好きだよ!」

て言って

 

軽井沢の道端でネバヤンを聴きましたね

 

ネバヤンの曲がすごいいい!と思ったというエピソードだったんですが

「実はさ、ぼくの弟歌手をやってるんだよね」のところは

満島さんが高橋一生さんのモノマネをして話してました(笑)

 

そういえば、これもどこか別のテレビかなにかで

満島ひかりさんが言ってたのですが

 

「高橋一生さんは声と実物のギャップがすごい」と言ってました。

 

セリフとかを聞くと「え?そんな声で話すんだ」みたいに満島さんは感じた

という話でした。

 

なんていうか、低めの、ちょっとこもった風の声が

高橋一生さんの見た目とギャップがあるということなんですかね(笑)

 

低めの、ちょっとこもった風の声で、モノマネをされてました。

 

 

松田龍平さんのことは、高橋一生さんもA-STUDIOで話をされていました。

 

高橋一生さんの弟さんだとは知らずに

普通にネバヤンのライブをみにきてくれたことがあったみたい

 

とのこと。

 

もしかしたら、今回満島さんが紹介されたのと同じタイミングで

高橋一生さんが松田龍平さんから聞いた話なのかもしれないですね。

 

世吹すずめの誕生日に満島ひかりがインスタに投稿した写真

カルテットの第9話、真紀とすずめの会話の中で、すずめの誕生日が明かされました。

「4月3日」

 

実はこの4月3日に、満島ひかりさんがインスタグラムに1枚の写真を投稿しました。

それがこちらです。

 

♡🎂♡🎉♡

満島ひかりさん(@ohicari.m)がシェアした投稿 -

 

 この投稿に、満島ひかりさんがつけたコメントがこちらです。

ohicari.m♡🎂♡🎉♡

 

「ohicari.m」というのは、満島ひかりさんのアカウント名です。

要は、誕生日ケーキとクラッカーの絵文字をハートマークで囲って投稿した

 

ということで

満島ひかりさんが、自分の演じたすずめの誕生日を祝う投稿だったと思われます。

 

この写真自体が

カルテットの放送内容とは違うので、けっこう貴重だと思うんですが

マネージャーさんとかスタッフに撮影してもらったんですかね?

 

カルテットというドラマを満島さんが好きだということがわかって嬉しくなりますよね。

関連記事
スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について