ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ「最愛」第2話考察 梨央の兄・政信、実は良い人説、真田政信シーンまとめ

東京へ引っ越した梨央をいじめる、兄の政信。

よくある上の兄弟が下の子をいじめるパターンは母親が違う、父親が違う、という場合が多いと思いますが、この「最愛」の真田政信と真田梨央は、母も父も同じ、実の兄妹なんですよね。母・梓(薬師丸ひろ子)、父・達雄(光石研)

だから、もしかしたら、この兄・政信の「梨央につらくあたる」行動にも意味があるのではないかと思い、考察してみることにしました。

最愛の政信は実は良い人説

 

❉このブログは動画でも観られます↓

www.youtube.com

第1話の政信・初登場シーン

(梓)そういうところが甘いって言うのよ

(政信)そういうところが古いって言ってんだよ

(梓)費用対効果かんがえなさいよ

(政信)効果がみえないから、この話、してんじゃないのかよ

 

このシーンは何の話をしているかはわかりませんが、おそらくビジネスの話かと思います。「そういうところが甘い」と社長から言われる政信は、しかられている立場です。

息子ですから将来の社長候補のはずですが・・梓からすると「甘い」

ということなので、おそらく・・梓は不満があるんですねぇ、政信のビジネス感覚に対して。

「あまい」って言われてるんですよ(笑)全くシビアじゃない。

そんな政信が梨央にだけ・・強く当たる?

まあ、他に強く当たれないから梨央にだけ、という可能性もなくはないですが、このあとの言動をみていけば、そういう感じでもないことはわかると思います。

エレベータのシーン

梨央が会社に来て、梓・政信と再会し、一緒にエレベータに乗ります。

そのときの会話。

(政信)梨央ってこんなんだっけ?

(梓)久しぶりで・・

(梨央)はい・・

(政信)その服どこで買ってんの?トータル1万もかかってないだろ

(梓)だまって

(政信)(だまる)

 

「梨央、久しぶり!え?そんな服じゃなく、もっと良い服着たらいいのに〜」

というのを恥ずかしがって別の言い方をしただけなんじゃないかと思います(笑)

梓に「だまって」と言われて、素直に黙ってますしね。

梓のいうことは基本ちゃんと聞く政信です。

家族で写真撮影

梓に引っ張られて、梨央と3人での写真撮影

「いいって」と言いながら、一応並んで写真撮影に応じる政信

このとき、結局、前で手を組んでしおらしく写っています(笑)

まずは母娘で写真撮ったら「いいって」という意味だったんじゃないでしょうか(笑)

最終的にはまんざらでもないようにみえました(笑)

 

このあと、2話になって・・いよいよ、政信が本領発揮!

梨央にどんどん絡んできます。

 

2007年東京 家族での食事会

梓「私、社長にならなかったら、達雄さんと政信と梨央と4人で幸せに暮らしてたと思うんだよね。これからは梨央の良い親でいたいの」

政信「そんな暇あんの。仕事仕事でほとんど家にいねーじゃん」

梓「ははは、どう思う?お兄ちゃんのこと?」

政信「はっきりいえよ」

梨央「全然会っとらんかったし、兄妹って感じがしんくて」

政信「へー」

 

→梓に対してスねるような態度を取る政信。母の愛情に飢えているっぽいですねぇ。

あと、「兄妹って感じがしんくて」という梨央に「へー」と言っているので、梨央がそう思うなら、梨央がやりやすいようにあえて距離を詰めすぎずそう対応するか、と判断したんじゃないか?と思います。政信、実は周囲に気を使える良い子なのでは。

 

梓「加瀬くん。弁護士として会社を支えてくれる。いわばもうひとりの家族。わたしと加瀬くんと政信には何でも話してね。わたしたちは家族。隠し事はなし。悩みごとはわけあう。」

政信「全部口だけだからな。いい社長でいたいとか株主を大事にしたいとか、そっちが本音。おまえもさ、無理していい子ぶらなくていいから」

梨央「自分で自分のことはしますから、気つかわんといてください。お仕事忙しいのは知ってますので」

政信「かわいげねー」

 

→梓がいう「なんでも話して」の順番が、加瀬よりあと、というのが非常にかわいそうですよね、政信・・。

そして、梓の本性を梨央に詳しく説明してあげています。

が、ここで梨央が塩対応(笑)そりゃ政信も「かわいげない」と言っちゃいますよね(笑)

 

梨央「せやけど、お父さんのお葬式には来てほしかったです」

梓「ごめんなさいね」

政信「なんだよ」

梨央「お父さん、政信さんに会いたがってました」

政信「俺は会いたくねーし」

梨央「ずっと会いたがってました」

政信「は?おまえ小さかったから覚えてないだろうけど、家でてったのはあいつだよ?逃げたんだよあいつは。婿養子に入って責任負うのは嫌、嫁が社長になって格差ができるのも嫌。どっちも嫌で逃げたクズ!」

 

→本当は梓じゃなく、達雄と暮らしたかった政信。達雄も子は両方欲しかったが真田家が政信は手放さなかった。と梓が説明していましたが、政信は本当は父親が大好きだったのに、その父親に捨てられた、という気持ちがあって父親を悪く言ってしまうという・・愛情の裏返しですよね。

 

梨央「そういう言い方しないでください」

政信「クズはクズだろ」

梨央「クズじゃないです」

梓「それ以上雰囲気悪くすると小遣い減らすわよ〜」

政信「勝手にいちゃいちゃしてろ!加瀬、おまえも家族ヅラしてんじゃねーよ」

 

→「小遣い減らす」と言われたら、即時でそれ以上いうのをやめて席を立った政信(笑)梓にはさからえないようです。そして、加瀬に対してはやっぱり劣等感があるんでしょうね、ちょっと強めにあたります。でも、梓にしても、加瀬にしても、政信のこういう態度を「冗談」のように扱っていて、結局、政信のこういう行動は「こども」がちょっと悪態ついてるようにしかみえないんですよねー

優からの電話を取る梨央に対して

政信「おまえさー、毎日電話してるみたいだけど、誰と話してんの?」

梨央から携帯を取る政信

政信「陸上部のやつらとは連絡とんな。犯罪者だぞあいつら。環境わるいとこで育ったなおまえ」

梨央へ携帯を返す政信

 

→梨央に忠告をしてあげる政信。たしかに「家族がそんな犯罪者と連絡とってたら困ることになる」という感覚もあるかもしれないですが、梨央はおそらく母親の愛情を政信から奪っていく相手のはずで、失敗してくれたら失敗してくれた方が良いはず。なのに忠告するということは、これは本当に梨央を心配しているんだとおもいます。伝え方が下手過ぎですが(笑)

そして、一旦奪い取った携帯をちゃんと返してるんですよね。

 

梨央「全員が事件に関わったみたいに言わんといて。」

政信「っていうかおまえ、いつまでなまってんの?馬鹿なやつが捕まっただけで他のやつらはバレなかったラッキーって思ってるかもしんねーじゃん」

 

→なまりを直さないと恥ずかしいよ、という指摘。家族以外の人がなかなか言ってあげられないですからね(笑)善意で教えてあげています。

 

梨央「違う。みんな陸上が好きでいい人たちで」

政信「おまえ!絶対外でそんなこと言うなよ。人にどうみられるか考えてものを言え」

携帯を取る政信、梨央を倒す

政信「預かっとくわ。たしかに、妹って感じがしねーな」

 

→いくら言っても、なかなか危ないことをやめようとしない梨央に対し、政信は強硬手段に出たんだと思います。

「妹って感じがしねーな」は、褒め言葉ではないでしょうか。「妹と思えないぐらいかわいい」とか、「自分の妹とは思えないぐらい素直な子だ」みたいな。まあ、もともと梨央が「兄妹って感じがしない」と言っていたので、「同じように対応するよ」と言ってあげてるのかもしれません。

政信は「梨央が騒ぎに巻き込まれないよう心配してる」というのは加瀬も、そう梨央にレストランのような場所で説明していました。

帰宅した政信に携帯を返すよう迫る梨央

政信「弟から電話あったぞ。姉貴はもう真田家の人間だから電話してくんなって言っといた」

梨央「おもしろいですか、そんなことしてこども相手に」

政信「どうせおまえの弟も環境はいいところで育ったクズだろ」

梨央「それはあんたやろ・・」

政信「いま、何って言った?」

政信は深追いしない

政信「明日7時に起こしてー。友達とドライブいくー」

 

→最後、梨央が言い返してきたにも関わらず、何も言い返さないあたりが、政信は実はいいやつなんじゃないか、と思わせる部分ですね。

「環境はいいところ」と言っているあたり、政信も白川郷のことが好きだったんでしょうね。

 

少しだけ真面目に考察すると、優と連絡を取らせないように誘導しようとしていることに実は意味があるんじゃないか?という気もしました。

もしかして政信は生前の達雄から連絡をもらっていて、優とその事件のことも知っていたりして・・。だからできるだけ「関わるな」と言っているとか。

車にガシャンってなるやつつけられたシーン

政信「母さん!なんで俺の車、あんなんなってんの?!でかけらんねーじゃん。車にほらあの、ガシャ!動かせなくなるやつー!」

→このやり取りをみて、梓は梨央こそが後継者と思ったみたいでしたね・・政信かわいそう。。

それより、ガシャンってなるやつ付けられてたときに、とりあえず母さんを呼ぶあたりがとてもかわいいですよね(笑)

しかも、あのガシャンってなるやつ、なんて表現したらいいかわからず、音で表現しているあたりもかわいい。

 

梨央が仕返ししたー!っていうことで、視聴者も少しスカッとしたような感じがありましたが、でも、実は政信は全て、梨央のことを思ってやっているんじゃないでしょうか・・そうだとすると、ガシャンってなるやつを付けられた政信、かわいそうですね・・

政信の最愛は「車」?政信の最期

このドラマの出演者にはそれぞれ「最愛」のものがあるようにおもいますが、政信にとっての最愛はなんでしょうか。

一部では「兄さんが大事にしてるもの」として「クルマ」を加瀬から梨央は教えてもらっていたので、政信の最愛はクルマではないかと言われていますが・・

 

政信、いいやつ説

からすると、おそらく政信の最愛は梨央

ですね。

 

離れて暮らしていたとはいえ、血を分けた実の兄妹ですから

愛情がないわけがありません。

かなり不器用で、伝え方に非常に難ありではありますが・・全ての言動は梨央を思ってのことだと思います。

 

そして、こんなに「伝わらない」愛情を注いでいる人にありがちな行末として、

「最期の最後で、思いが伝わる」という状況があります。

つまり、梨央からはずーっと「いじわるなやつ」と思われ続けるのですが、あるとき、梨央が政信からの愛情を感じた!と思った途端に、政信が死んでしまう・・みたいな流れです。

もしかしたら、梨央を守って・・ということもあるかもしれません。

 

昔の事件に政信が関わっていたんじゃないか、という考察も一部ではありますが

そこはまだわかりません。

 

まだこのあと、死者が出る可能性もあり、なんとなくですが死亡フラグが政信には立っているような感じがあります。

せめて最後には、政信の真意が、梨央に伝わってくれれば良いな、と思います!

 

政信、いいやつ説

そういうイメージをもって、政信をみてあげてください(笑)

「最愛」関連記事

最愛ドラマ 考察 康介を運んだのは達雄と左利きの男!鍵閉めシーンで判明!第6話直前 ストーリー犯人予想 - ひなぴし

最愛 タイトル漢字とポスターを考察! #Shorts - ひなぴし

最愛ドラマ 考察 康介と梨央が倒れていて達雄が優を抱く回想シーンの後ろに人影あり!第5話直後 ストーリー犯人予想 - ひなぴし

ドラマ 最愛 考察 優のビデオ映像を検証!渡辺昭は死んでないし、水に落ちてない?第5話直前 ストーリー犯人予想 - ひなぴし

ドラマ 最愛 考察 橘しおりが真田グループを恨む理由、ラスト結末予想 第4話直後/第5話直前 ストーリー犯人予想 - ひなぴし

ドラマ最愛 考察 4話直後 優は渡辺昭を殺せていない、とどめをさしたのは加瀬! - ひなぴし

最愛 考察 4話直前 梨央が記憶喪失で真犯人の場合 - ひなぴし

最愛 メタ考察 井浦新が真犯人説!全ての犯行は加瀬が行った - ひなぴし

ドラマ「最愛」第2話考察 梨央の兄・政信、実は良い人説、真田政信シーンまとめ - ひなぴし

ドラマ「最愛」第3話考察 加瀬と梨央は恋愛関係ではない、渡辺昭殺害の犯人は?優は二重スパイ説 - ひなぴし

このブログへメール 削除依頼