ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ「マイファミリー」 考察最新 続編スピンオフ!東堂の量刑、機械音声の正体、サンド富澤の本心 最終回放送後 ネタバレメタ考察!

ドラマ「マイファミリー」続編スピンオフ、アナザーストーリー

❉この記事はYouTubeで観られます↓

www.youtube.com

2022年春 TBS系列で日曜21時から放送のドラマ

日曜劇場「マイファミリー」

 

3ヶ月間楽しませていただいたドラマ「マイファミリー」が終了して

「マイファミリーロス」の方も多いと思います。

 

これから毎週日曜日は何を楽しみに生きていけばよいのか・・

このロスは、また新しい、「面白いドラマ」を見つけることでしか解消されないと思います。

 

ぜひ、また、次の面白いドラマが放送されることを期待しましょう!

 

 

さて、今回は、

放送終了後に公開された「マイファミリー」のいろいろな情報について確認してみたいと思います。

知っておくと、マイファミリーの世界をより深く知ることができると思います。

 

なお、最後に、「マイファミリー」の続編・スピンオフ・アナザーストーリーに関する考察も行いたいと思います。

 

最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

 

 

今回はこの内容をお話しします。

動画の概要欄にも「目次」がありますので、活用してくださいね。

 

サンドウィッチマン富澤さんのブログ

こちらをぜひご覧ください↓

ameblo.jp

ぜひ、直接、全文を読んでいただきたいですが、一部をご紹介すると・・

 

・ナイツ塙さんから「そんなパソコン使えないだろ!!!」と言われたが
あくまで片手でキーボード打てるのは吉乃一課長ですよ

・6話くらいからヒントとなるシーンも増えてきたのでわかった方も多いと思いますが、犯人だと数ヶ月黙っているのはかなりしんどかった

・オンエアを見て全話で泣いていましたが、我に返ると「いや、これ原因俺かいっ!!」と、人知れず悶えていた

 

オンエアが終わってからは予想通り「演技力がない、芸人じゃなく役者にやらせろ、笑ってしまう、お前と不倫などするか」などのコメントも目にしましたし、そういう方々には、自分なりに努力しましたが、力不足で申し訳なかった

 

ドラマが始まってすぐにネプチューンの原田泰造さんとテレビ局のトイレで一緒になった時に「トミーも捜査一課長なんだ?俺もなんだよ」と声をかけてもらった

 

・偉い人に「最後はセリフ少なめにして下さい!あ、せっかくだからあの機械音の声で説明するとかどうですか!?」というお願いをしていたらそういうシーンがあった

葛城が吉乃の犯行を全部説明してくれたことは本当に助かった

 

・最後は不倫写真を撮ってクランクアップ

 

オファーを受ける前の葛藤や、演じている時に「吉乃はどういう人間か」をスタッフの方と話した内容なども書かれています。

 

批判されることは目に見えていますからね・・かなりのプレッシャーだったと思います。

そんな中での演技と考えたら、素晴らしかったんじゃないか、と思いますねー

 

原田泰造さんは同時期に放送してた「インビジブル」で同じ役でしたよね。

そちらももしかしたら原田さんが真犯人なのでは・・という考察が当初はあったんですが(笑)

違ってました。

 

最後の「犯行動機や経緯」を語る部分は、本人からの希望もあって、葛城が話す形になったんですね。

あれ、最終回前に「富澤さんの演技力は不安があるから、自動音声で犯行動機が語られるはず」と考察している方がいて(笑)

さすがにそれはないやろーと思ってましたが(笑)遠からず、でしたね。

 

こちらのサンドウィッチマンさんのコント動画

www.youtube.com

「刑事富澤」ですが

「機械音声」とやり取りをするコントです。

 

コントなので「バカ」な刑事の役なんですが(笑)

見ようによっては「悪い刑事」にも見えます(笑)

機械音声の声は、人間の声だった

真犯人からの電話の声・・機械音声で、

本当にどこかにテキストを打ち込んだら、それを自動で読んでくれる自動音声なのかな?と思ってましたが、

あれ、人間の声だったんですね(笑)

一龍斎貞弥さんという声優さんだそうです。

すごいですね!

こちらもぜひ、直接再生してみてください。

給湯器から流れる「お風呂が沸きました」の声も担当されている方だそうです!

機械っぽさを出されているところが・・やっぱりプロの声優さんですね。

東堂の罪について監修の弁護士の見解

マイファミリーの監修を担当された弁護士の國松さんが、東堂の量刑について検討されていました。

こちらも詳しくは上のリンクを直接みていただきたいですが、概要だけ。

 

●東堂の主な罪は、「鳴沢家・三輪家の身代金目的略取罪・身代金要求罪・監禁罪X2(三輪家は吉乃との共犯)」「阿久津家の身代金交付罪の幇助」で、重罪であり、厳しい判決が予想される

 

●ギリギリ温人や三輪が確実に人質を確保できる状態においたので、弁護人は「解放による減刑」を主張するはず

 

●温人、三輪、阿久津が東堂に処罰を求めない嘆願書を出せば量刑に影響はある(無罪にはならない)

 

●身代金目的誘拐は裁判員裁判の対象事件のため、動機で世論が味方につけば有利に働く可能性もある

 

●実刑は免れず、懲役6〜7年程度ではないか

 

模範囚になれば、もう少し早く出られる可能性があるそうです。

もしかしたら、被害者の親が処罰を求めなければ限りなく無罪に近いこともあるのか・・?と思ったんですが、そうはいかないみたいですね。

ただ、こういうパターンの誘拐って実際にはほぼありえないそうで

ほとんどの場合は、人質をころしてしまったり怪我をさせたりしているので・・
なかなか予想も難しいのだそうです。

前例がないことは、裁判ではどうなるか想像が難しいですよね。

 

吉乃の方が罪は重いと思います。

心春ちゃんについては「事故」ということになっていますが

誰もみていなかったとすれば「さつい」があったとされる可能性もありそうですよね。

マイファミリーの続編について

最後に、

マイファミリーロスの人間としては、もっと、鳴沢家や、三輪・東堂たちとの友人関係を見たい!と思う人が多いと思います。

ですので、「続編」の可能性について考えてみたいと思います。

 

「映画化」「スピンオフ」や「アナザーストーリー」「サブストーリー」等、いろんな可能性がありますが、全てひっくるめての考察です。

日曜劇場からの考察

最近だと、「TOKYO MER」の映画化が発表されており、

日曜劇場のドラマが映画化される可能性はありえます!

 

また、ドラマとして「シーズン2」が放送されているものもあるため

純粋な続編についても、日曜劇場のドラマは期待できます。

出演者からの考察

これが一番・・難しそうなんですが・・

もし今回放送された「マイファミリー」と全く同じ出演者をそろえようとすると・・かなり難しい気がしますね。

二宮さんはもちろん、多部未華子さんも「視聴率が取れる女優」として有名で、次から次へいろんな作品に出演されていますし、

濱田岳さん、賀来賢人さん、玉木宏さん、高橋メアリージュンさん

みんなそろえるのは・・至難の業である気がします。

例えば、ドラマ制作開始時からすでに、「映画化まで決定していた」であれば、スケジュールはそこまでおさえられていると思いますが

その場合だと、おそらく視聴者の熱が冷めないうちに「映画化」が発表されるはずです。

基本的には、最終回放送後に発表!というのが自然だと思います。

そうでないということは、もともと予定されているものは無いということ。

これからスケジュールをおさえて・・となると結構難しそうですね・・

 

ちなみに、「半沢直樹」については原作があるドラマですが

シーズン1の放送から7年経ってようやくシーズン2が放送されました。

 

その間・・堺雅人さんは、NHK大河ドラマ「真田丸」に出演されるなど、かなり忙しい日々を送っておられたと思います。

ちょっと関係ない話ですが、「マイファミリー」に「日下部」役で出演されていた迫田孝也さんは、真田丸で一躍有名になった方だと、僕は認識しています。

話を戻して・・

 

俳優さんそれぞれに事情がありますから、もし本人が「続編」をやりたいと思っていても状況が許してくれないこともあるでしょうね。。

脚本家からの考察

マイファミリーの脚本は黒岩勉さんですが

過去には「LIAR GAME」や「謎解きはディナーのあとで」の脚本を担当されており、その後、続編が描かれたり、映画化されたりしています。

 

↑関係ない話ですがドラマの「LIAR GAME」は戸田恵梨香さんでしたが、映画の方は多部未華子さんがヒロインでした。

 

ただ、これらの作品は「原作あり」なので・・どうかなと思ったんですが

さきほどご紹介した「TOKYO MER」も黒岩さんが脚本で、こちらは「マイファミリー」と同じく原作がないオリジナル作品でした。

「TOKYO MER」は黒岩さんの脚本で映画化されますので・・

そこから考えると、「マイファミリー」にも可能性がありそうです。

 

内容から考察

「マイファミリー」は主題が「誘拐事件」でした。

 

「続編」を描くとしたら・・「誘拐事件」を描くことは難しいですよね。

もし誘拐にするなら、今度は温人の下の男の子を誘拐?ってなってしまいますが

それはちょっと無理がある気が😅

 

なので、描くとしたら全く違うことになってしまうと思うんですが

そうだとすると、正直「全く違うドラマ」と変わらないと思われ、

それだと「続編」にする意味はないと思われます。

 

ですので、「ドラマ」でのシーズン2といった描き方は・・無理かなと思いますね。

 

例えばスピンオフやサブストーリーのようなものを

Paravi等で出すことはできるかもしれません。

三輪だけ、東堂だけ、吉乃や葛城、立脇のことだけを取り上げるような内容。

でも・・その場合も、結局人気の俳優さんのスケジュールをおさえて・・となりますし、スピンオフやサブストーリーだけではテレビ局も費用回収が難しいですから

たいていそういう「ミニドラマ」だと、キャストの中でほとんど目立たなかった人が取り上げられることが多いですよね。

例えば、梅木、鷲尾、備前みたいな。

 

可能性があるとしたら、数年後の映画化ですかね。

最近だと日テレの「あなたの番です」がありましたが

 

その方法が最も可能性が高そう。

その場合の内容は「パラレルワールド」ですね。

 

「心春ちゃん誘拐事件が起こらなかった世界」を生きるキャストたち。

その世界では、別の人間が、別の事件を引き起こし

それに巻き込まれる鳴沢家・・という感じでしょうか。

続編・映画化なら期待はできるかもしれない

続編ができるかどうかはキャストのスケジュールをおさえられるかがもちろん大事ですが、

その前に、脚本家さんがストーリーを作ることができるか、が一番重要な気がします。

黒岩勉さんなら・・可能性があるんじゃないか、と思っているんですが・・

「この物語はここで終わり」「これ以上は不要だし、余計なこと」

ともし考えられていたら・・無いかもしれません。

 

「マイファミリー」ファンとしては、

「パラレルワールド」でも良いので、ぜひ期待したいところですね!

 

その時は、サンドウィッチマン富澤さんは、おそらく「良いお父さんの捜査一課長」という役で出演してくれると思います!

↑みんなサンドイッチ食べてましたね(笑)

これが真犯人の伏線だったんですね(笑)

最終回の振り返りライブ配信

最終回放送後すぐに行ったものです。

感想や考察を行っています。コメントともにお楽しみください

www.youtube.com

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com


www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼