ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ「マイファミリー」 考察最新 スマホトリックの解説!温人・三輪・東堂のスマホをどう使ったのか 最終回放送後 ネタバレメタ考察!

ドラマ「マイファミリー」ネタバレあらすじスマホトリック

❉この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

2022年春 TBS系列で日曜21時から放送のドラマ

日曜劇場「マイファミリー」

 

動画視聴者の方からのリクエストで、温人が吉乃がいる場所へ向かった際に使った「スマホトリック」を解説してほしい、というものがありました。

 

理解力の高い方なら、もしかしたら一度でしっかり把握されている方もいると思いますので、そういう方にとっては不要な内容かもしれませんので、この動画はスルーしてくださいね(^_^;)

 

ですが、私もこの内容を作成してみて、「なるほど、そういうことかー!」と納得できるところもありましたので

ぜひ一度ご覧いただければ幸いです。

 

今回はこの内容をお話しします。

動画の概要欄にも「目次」がありますので、活用してくださいね。

 

 

日下部と葛城が協力し始めたタイミング

これは見解が分かれそうなんですが・・

第9話で、葛城の見解と真っ向から対立して、ワンマンショーかというぐらいにしゃべりまくっていた日下部。

でも、実咲事件は日下部の見立ては「東堂と温人の共犯」で、心春事件は「東堂亜希の狂言誘拐」だったんですよね。

だから間違っている。

日下部があまりにも・・な間違いをしている状態だったので、「日下部と葛城は裏で協力して、吉乃を追い詰めているのでは?」という考察が出ていました。

でも、僕の見解では・・第9話時点では、やっぱり日下部と葛城は手を組んでおらず、最終話の途中から手を組んだ、だと思いました。

 

葛城が吉乃に違和感を覚えたのは「タブレット?」の瞬間だったと言っていました。

「いつ気づいた?」と吉乃から言われて、この時だと葛城は言っていました。

葛城が本格的に吉乃を疑い始めたのはここからだった、というふうにとらえたんですが、違いますかね?

 

葛城と日下部が本格的に手を組んだのは、葛城が友果へ「犯人は警察の人間」というメモを渡した、鳴沢家でのことだったようです。

 

ここからあとも日下部は温人を疑い、温人を捕まえようとしているように見える行動を取っていますが、それはすべて演技だったということです。

吉乃にばれないようにする作戦だったということ。

 

短時間に「吉乃が本星の可能性が高いこと」を聞いて、そのために行動するように決めた日下部も、それなりに「デキる男」ってことになりますね。

 

葛城は、犯人から連絡がある予定の、翌日10時までに吉乃が本星確定したら、極秘裏にB班を立ち上げ、人質の救出と吉乃の確保に動こうとしていた。

 

葛城は翌朝、実咲の通話記録の中に吉乃の電話番号があることを発見し

本星であることを確信して、B班の立ち上げ・・になったんですね。

 

このB班が、吉乃が未知留と東堂を監禁していた場所へ突入した葛城たち、ということになりますね。

 

A班は、吉乃に動きをさとられないために動いていた「温人を追うグループ」で、こちらが突入したところには、温人と東堂のスマホを持った三輪がいました。

 

日下部は、吉乃をだますために行動をしていて、

葛城はB班を結成し、密かに吉乃にせまる行動をとっていた、ということですね。

温人のスマホで真犯人と通話

東堂を引き渡すと約束した10時に、温人のスマホへ真犯人・吉乃から電話がかかります。

カエルの待ち受け画面は温人のスマホです。

行き先を告げられ、現地に到着。

10:30に温人のスマホの電源を入れると吉乃から電話。

東堂を拘束し、気絶させろとの命令。

GPSを警戒した吉乃から通信機器は持っていくように指示を受け、東堂のスマホを温人は持っていきます。

東堂のスマホは茶色のケースです。

これはあとで重要になりますので、覚えておいてください。

 

温人のスマホの、犯人との通話はつないだままにしろと言われ、そのまま車へ。

 

「未知留の居場所」の住所を教えられ、温人と三輪はそこへ向かいます。

三輪のところへ葛城から連絡が入る

「未知留の居場所」として教えられた住所へ温人と三輪は向かっていたのですが、ここで三輪のスマホへ葛城から連絡が入ります。

 

温人の乗る助手席と三輪の運転席の間においてあったスマホを温人は手に取りました。

そこには葛城からのメッセージ。

温人のスマホの待ち受けは、リビットウォーカーのカエルの絵なので、

これは三輪のスマホと思われます。

温人のスマホはダッシュボードに固定され、ずっと吉乃と通話中です。

 

なぜ三輪のスマホに??

と思うんですが、

おそらく、温人へ連絡しようとしたらつながらなかったのだと思います。

 

温人の電話はずっと吉乃と通話中だったためです。

そこで葛城は、三輪のスマホへ連絡した。

 

三輪と温人が一緒にいることは、警察でも把握していました。

この日の朝、警察では「温人から東堂へメッセージが送られ合流をはかろうとしている、三輪の行方もわからない」という話が出ていて、日下部が「三輪も一緒か!」といい、それを葛城も聞いていました。

 

 

「犯人の位置情報を特定した」という葛城へ「私もそちらへ行きます」と温人はメッセージし、三輪にもそのやり取りを見せました。

 

温人は葛城の車が近づいたのをみて、

温人は、東堂のスマホを三輪へ預け、

 

葛城の車へ移ります。この時、三輪のスマホを温人は持ったままです。

 

この間、声に出してしまうと吉乃にバレてしまうので、しゃべらないようにしていたようです。

温人と三輪のスマホトリック

三輪の乗る車は、「茅ヶ崎市芹沢」の住所の場所へ到着します。

 

真犯人のパソコンが映り、「この中に未知留がいるのか?」という温人の声が電話越しに聞こえます。

 

温人「三輪、別れて探そう!」

三輪「わかった」

というやり取りが電話から聞こえます。

 

 

この時、温人は三輪とは一緒にいません!

ですが、犯人には、三輪と温人が一緒にいるように声が聞こえています。

どういうことなのか・・??

 

 

温人のスマホの映像は建物内を探すように進みます。

未知留!未知留!と叫ぶ三輪の声

落ち着いた声で「未知留はどこだ」と聞く温人

 

「その奥の階段を降りた部屋です」と機械音声。

 

すると、その部屋にテーブルがあり、そこに

「探さないでください」の置き手紙。

 

温人がその文字を読みあげると、

そこから犯人が

●心春事件が狂言誘拐であったこと

●東堂が不倫していたこと

●自分は東堂亜希であること

●東堂の不倫相手が未知留だったこと

●未知留が逃げたこと

つまり、未知留と東堂に罪をなすりつけるための話をします

 

その後・・

日下部の「突入しろ!」の命令で、警察が建物内に入ります。

 

まずは、三輪が警察に囲まれるシーンが映されますが

 

同時に、温人が吉乃のいる部屋に突入しました。

 

 

温人は、三輪とは別の場所へ葛城と一緒に来ていました。

三輪とは全く別の場所にいる状態です。

 

東堂と未知留は、「伊勢原セミナーハウス」に監禁されていたようです。

 

「探さないでください」の手紙が置いてあったのは、三輪がいった場所。

 

では、さきほどまでの犯人と温人のやり取りはどうやって?というと・・

 

三輪はおそらくずっと、スマホ2台を重ねて持っていたということですね。

 

茶色のケースのスマホは東堂のものです。

もうひとつのカエルの待ち受けは、温人のスマホ。

三輪はこの2台を持っていました。

 

(1)温人のスマホ

これは東堂を引き渡したあとからずっと、吉乃とのビデオ通話がつながったままです

 

(2)東堂のスマホ

こちらは温人とビデオ通話がつなげてあった

 

三輪はこの2台をずっと重ねるように持っていた。

 

一方、

温人は借りていった「三輪のスマホ」を持っており、

東堂のスマホとビデオ通話をつないでいる。

 

犯人から指示された場所へ向かった三輪の、見ている景色が

温人から確認できるようにしていたということですね。

 

 

温人は、「東堂のスマホ」を使って三輪から送られてくる映像を見ながら、

 

三輪スマホ→東堂スマホ→温人スマホ

 

と経由して、吉乃としゃべっていたことになります。

 

三輪がずっと、「東堂のスマホ」と「温人のスマホ」2台を

「東堂のスマホ」から「温人のスマホに映る映像が見える状態で」重ねて持ってくれていたから

犯人からの機械音声も、温人には聞こえていたのだと思います。

 

そうやって、温人はだまされて指示された場所へ向かった

と吉乃に思わせておいて

実は吉乃のいる場所へ来ていた、ということでした。

 

吉乃の居場所についてはすでに警察が把握していたが

温人がその場所へ向かっていると吉乃にバレると逃げられてしまうため

離れた場所にいると錯覚させるためにこのような作戦を取ったのでしょう。

 

最後に温人がネタバラシしてましたね。

三輪のスマホを手に持ち、画面を見せると・・

そこには、三輪を取り囲む警察が映っていました。

これは三輪が持つ、東堂のスマホの映像ですね。

 

わかりやすい絵を描いてくれている方がいました↓

 

葛城からのメッセージが三輪のスマホに届いた瞬間に、このスマホトリックを思いついた温人もすごいですが、

そこで言葉をかわさずに、画面だけ見せられて、やることを理解した三輪もすごいです(笑)

もし・・どちらかが鈍感・・頭の回転が遅い人だったら・・

おそらく失敗していたことでしょう(笑)

 

 

いかがだったでしょうか。

わかりにくい説明で申し訳ないです。

みなさまがこうなっていないことを願います!

 

温人のスマホ壁紙

こちら、公式でプレゼントされているようです。

 

この壁紙を設定して、

そして、着信音をアレに設定したら・・

 

 

鳴沢温人なりきり体験ができますね!

誘拐は、体験したくないです!!(笑)

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com


www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼